中絶手術の吸引法とは

中絶手術の吸引法とは、機械で陰圧をかけて筒状になった金属棒を子宮の中に入れて手動または電動で吸引をかけることで子宮の中の胎児や胎盤を吸い取る方法です。
WHOは安全性を認めており中絶の手術方法として推奨しています。
日本では、胞状奇胎など特殊な症例の時に用いられることが多い手術方法です。
どこの病院で受けても技術に差はなく安全性が安定していると言えます。手術時間は短く、出血量も少なくて済むので、母体への負担が小さく済みます。

吸引法によるメリットとデメリット

メリット

  • 技術に差はなく安全性が安定している。危険性が少ない。
  • 短時間で手術を終えることができるため、母体に与える負担が少ない。

デメリット

  • 国内では施術例が少ないために、技術をもった医師が少なく、術後のケアを受けられる病院が限られてくる。

中絶手術の掻爬(ソウハ)法とは

中絶手術のソウハ法とは現在の日本での手術のうち8割程度がこの方法で用いられている手術です。
だいたい妊娠11週ぐらいまでの手術に行う妊娠初期中絶の手術です。
あらかじめ子宮口を開いてある状態でスプーン状の器具や鉗子を用いて胎児と胎盤を除去します。
手術にかかる時間が吸引法と比べ、長時間になりやすく出血も多くなりやすい点がありますが、掻把(ソウハ)法に慣れている医師が多いので、現在も中心に選択される手術法です。

掻爬(ソウハ)法によるメリットとデメリット

メリット

  • 大学病院で最初に習う方法であり、手の感覚で子宮内の状態を把握しやすい。

デメリット

  • 医師の技術が不足している場合に、母体を傷つけ、深刻な事故が起こる可能性が高い点が指摘されている。
  • 手術時間がかかることで、子宮内に炎症が起こりやすくなったり、出血量が多くなりやすい点が危惧されます。
池袋クリニック
池袋クリニック外観tel:03-3982-6228
池袋クリニックホームページ 池袋クリニックweb予約
診療受付時間
09:30 -12:30
14:30 -19:00

▲:土曜日午前の受付は13:00まで
休診日:水曜日・日曜日・祝祭日

渋谷文化村通りレディスクリニック
渋谷文化村通りレディスクリニック外観tel:03-5428-6118
渋谷文化村通りレディスクリニックホームページ 渋谷文化村通りレディスクリニックweb予約
診療受付時間
10:00~13:00
10:00~15:00
15:00~19:00

休診日:火曜日・金曜日

ピル処方相談室 池袋クリニック看護師求人サイト 受付医療事務求人サイト